株式会社ロブテックスファスニングシステム
Home/製品カタログ一覧  テクニカルガイド → 接合の設計方針 [2]
テクニカルガイド
強度試験方法
電飾対策 [1] [2]
特殊打鋲部位対応
[1] [2] [3] [4]
接合の設計方針 [1] [2]
リベット設計資料 [1]
[2] [3] [4]

スタンダードリベット
高性能・高強度リベット
リベッター
フレキシブルブラインドナット
ホールレスリベットシステム
ワンサイドボルト
商品開発・品質保証
テクニカルガイド
製品動画


デジタルカタログ

接合の設計方針

接合設計   (ご参考例として)


安 全 率
カタログ値の1/2の強度を短期許容荷重にとり、長期許容荷重は更に、その2/3に減らして設計をしている例が有ります。安全率については、お客様にて御決定下さい。

接合部の形状
下記の図をご参照ください。

接合設計

1本だけの接合は、リベットには剪断と引張りの荷重が掛かります。頭部には、曲げ荷重が掛かり頭飛びが発生する場合も有ります。また、部材が薄いときには、すっぽ抜けも発生する場合も有りますので、出来るだけ複数本のリベットによる接合を用いるか、あるいは純剪断の掛かる設計として下さい。

接合設計

この接合は、ファスナーには引張り荷重Pが単に掛かるのみで無く、点Xを支点にした、てこ反力が加わります。更にファスナーには曲げの力が掛かり、非常に厳しい使用方法となりますので、止むえない場合を除いて、出来るだけ避けて下さい。
応力解析(FEM解析)


各種の接合工法からLFSファスナに切替えVE提案する為、接合部の応力解析を実施します。対象製品接合部にかかる荷重がリベット等にどのように負荷されるか、リベットの締結位置を設定し耐力効果が得られる位置を解析します。

応力解析(FEM解析)


Copyright (C) Lobtex Fastening Systems Ltd. All rights reserved.