株式会社ロブテックスファスニングシステム
Home/製品カタログ一覧  テクニカルガイド → 特殊打鋲部位対応 [4]
テクニカルガイド
強度試験方法
電飾対策 [1] [2]
特殊打鋲部位対応
[1] [2] [3] [4]
接合の設計方針 [1] [2]
リベット設計資料 [1]
[2] [3] [4]

スタンダードリベット
高性能・高強度リベット
リベッター
フレキシブルブラインドナット
ホールレスリベットシステム
ワンサイドボルト
商品開発・品質保証
テクニカルガイド
製品動画


デジタルカタログ

フレームヘッドを長めに削る場合
前記の片面を削る場合と同様のことが言えます。この場合、フレームヘッド内のジョーケースヘッド及びジョーケース部に当たるまでフレームヘッドを削ることができます。各寸法を下表に示します。
フレームヘッドを長めに削る場合
サイズ D(最小) E(最大)
S 型 16mm 58mm
M 型 18mm 58mm
H 型 21mm 73mm
カットする面(方向)の指示
フレームヘッドを削る場合、使い勝手のよい位置をカットする必要があるため、前もってどの方向をカットすればよいか、ご指示していただく必要があります。
前からみて、水平方向にカットするのか、垂直方向にカットするかをご指示ください。
フレームヘッドを長めに削る場合

3.奥深い箇所へリベッティングする場合(標準フレームヘッドで届かない)

奥行きのある箇所へ
リベッティングする場合

フレームヘッドが届かなかったり、本体が邪魔する場合など、ロングフレームヘッド仕様により対処できます。
奥深い箇所へリベッティングする場合 奥深い箇所へリベッティングする場合
ロングフレームヘッドで
対応した場合

長くした分内部の部品も長くする必要があります。
奥深い箇所へリベッティングする場合

技術的なご質問がございましたら弊社窓口担当者、もしくは弊社技術サポートへお気軽にお問い合せください。


Copyright (C) Lobtex Fastening Systems Ltd. All rights reserved.