株式会社ロブテックスファスニングシステム
Home/製品カタログ一覧  ワンサイドボルト → ECOジョイント
ワンサイドボルト
シュアツイスト
STロック
ホールフィルタイプ
多機能タイプ
CNSH CNTH CNSK
試験強度方法
多機能タイプのメリット
専用工具
ハック高力ワンサイドボルト
MUTF
専用工具
施工の前に
ECOジョイント
[1] [2]

スタンダードリベット
高性能・高強度リベット
リベッター
フレキシブルブラインドナット
ホールレスリベットシステム
商品開発・品質保証
テクニカルガイド
製品動画


デジタルカタログ
ワンサイドボルト
ECOジョイント
設計マニュアル、計算ソフトがございます。
ご用命ください。

ワンサイドボルト ハック高力ワンサイドボルトを使った
新しいジョイント工法!

◎柱+柱の継ぎ手接合が無溶接で可能
◎高度な溶接技術・溶接品質検査が不要
◎工期短縮に伴うランニングコストを低減
◎リサイクル、リユース等のニーズに対応


ECO継手は片側施工ボルト「ハック高力ワンサイド
ボルト」を角形鋼管や閉鎖形断面等の継手に使用
する新継手工法です。今日まで溶接が構造用の角
形鋼管同士を接合する、ほぼ唯一の方法でした。し
かし溶接は手間がかかり高価で熟練を要し、雨の日
や風の強い日の施工は難しく、天気の良い日に施工
されなければなりませんでした。しかも、検査は高度な
技術を必要とします。
ハック高力ワンサイドボルトは、JIS、JSS及び日本道
路協会規格と同等の性能を有し、片側施工を可能
にする高力ボルトです。つまり、ハック高力ワンサイド
ボルトが初めて溶接に代わる継手工法として建築建
方に貢献します。
■鉄骨建て方時の施工 ■2節建て込み状態 ■建て込み後の締付け状態
工場作業
柱の内側にある黒皮と溶接シームを
予めグラインダーで除去し、摩擦面を形成する。
ワンサイドボルト
工場で1節の柱にあらかじめ
添板を挿入し、中ボルトで仮締めしておく。中ボルトは柱内側から挿入し、ナットで仮締めしておく。

※下側角型鋼管の継手ボルトとして
 S10Tトルシア型ボルトを併用する
 事も出来ます。
ワンサイドボルト
2節の柱を挿入しやすい様に、スプライスプレートと柱フランジの間に番線入れ、間隔を広げておく。
ワンサイドボルト
建て込み後、2節柱をハック高力ワンサイドボルトを順次挿入する。
1節の中ボルトを柱内におとしながら、ハック高力ワンサイドボルトを挿入する。
ハック高力ワンサイドボルトを専用の電動のシャーレンチでシャーワッシャーがこわれるまで締付ける。
仮設ワイヤーで建方精度を確認する。
本締めを行う。


Copyright (C) Lobtex Fastening Systems Ltd. All rights reserved.