株式会社ロブテックスファスニングシステム
Home/製品カタログ一覧  フレキシブルブラインドナット → エビナットの使い方,工具でのご注意,特殊箇所への応用
フレキシブルブラインドナット
エビナット
(スタンダードナット)
ラージフランジタイプ
NSD NAD
スモールフランジタイプ
NSK NAK NTK
(ローレットナット)
ラージフランジタイプ
NSD-MR
スモールフランジタイプ
NSK-MR
テクニカルガイド
作業手順
強度試験方法
エビナットの使い方
工具でのご注意
特殊箇所への応用
各種ナッター
エアーナッター
AN200A
電気ナッター
EN410
コードレスナッター
BN200 BP12G BC008M
ハンドナッター
HN010 HND005

スタンダードリベット
高性能・高強度リベット
リベッター
ホールレスリベットシステム
ワンサイドボルト
商品開発・品質保証
テクニカルガイド
製品動画


デジタルカタログ
フレキシブルブラインドナット
工具でのご注意

エビナットにはエビナットを止める母材の厚みに対して、
適正なカシメシロ(ストローク)があります。
工具にて、この適正ストロークを守らずに、
必要以上に引いてしまうと工具破損の恐れがあります。


適正かしめしろでの締結状態は、図の通り膨らみ部に空間を持たせ
ております。この状態から、実際に取付物をボルト固定する際に締
め付けトルクを上げていきますと、膨らみ部の空間がなくなります
(増し締めが行われます)。
適正かしめしろは、図のように、膨らみ部分で若干の空間を残し、
必要以上に締めて工具の破損につながることを防止しております。
フレキシブルブラインドナット

特殊箇所への応用

狭い箇所へのエビナット取付

使うロングノーズピースに合わせて、
ロングスクリューマンドレルが必要になります。

フレキシブルブラインドナット エビナット
母材表面からエビナットのフランジが出ないようにする場合
母材の下穴を90度にて面取り加工を行い、スモ
ールフランジを挿入して、母材面からエビナットの
フランジ面が出ないようにする。
ただし、工具で取リ付ける際にノーズピースとエ
ビナットのフランジ面との間にスキマがありますと
正常にかしめることができません。図の如く、ノー
ズピースの先端をエビナットのフランジ径と同径
以下のして、工具かしめにおいて確実にエビナッ
トのフランジ面を押える必要があります。
フレキシブルブラインドナット エビナット


Copyright (C) Lobtex Fastening Systems Ltd. All rights reserved.